糖質制限中でも会社の飲み会には行かないわけにはいきませんよね。
そういう飲み会ってだいたい飲み放題付きのコース料理で、糖質が少ない食べられるものがあまりありません。
ビールも糖質があるからあんまり飲めないし・・・。
数千円払って飲み会に参加するんだから、糖質の少ない飲めるお酒をいっぱい飲んで、できるだけ飲み会を楽しみましょう。


蒸留酒は飲んでいい

飲み会でもう迷わない!糖質制限中に飲めるお酒まとめ
  • ウィスキー
  • 焼酎
  • ウォッカ
  • ジン
  • ブランデー
  • ラム酒

蒸留酒は基本的には糖質ゼロです。
しかし注意して欲しいのはカクテル。
例えばジンベースのカクテルにはジントニック、ウォッカベースではスクリュードライバー、ラムベースではモヒートなどありますが、
すべてリカーは糖質ゼロでも割っているジュースに糖質が多く含まれているため、糖質制限中はNGになります。


  • 焼酎の水割り
  • 焼酎の緑茶割
  • ハイボール
  • ドライジン

これらなら糖質はほぼゼロなので安心して飲むことができます。
焼酎水割りには梅干しを落としたり塩を振ったり、ハイボールやドライジンにはレモンを絞ったりすることで味を変えることもできます。

少しぐらいならいいお酒

飲み会でもう迷わない!糖質制限中に飲めるお酒まとめ
  • 赤ワイン
  • 白ワイン

ワインは糖質がありますが、蒸留酒以外のその他のお酒よりは少ないです。
蒸留酒に飽きてチューハイを頼んでしまうぐらいならアルコール度数の高いワインを1杯だけ飲むようにしましょう。

糖質の高い飲んではいけないお酒

飲み会でもう迷わない!糖質制限中に飲めるお酒まとめ
  • チューハイ(ものによる)
  • 日本酒
  • 梅酒や杏酒などの果実酒

これらは一般的には糖質が高く飲まない方がいいでしょう。
「飲み会のスタートはビールだけど、上司は日本酒派で飲み会中盤からは日本酒に付き合わされる」
そんなときは飲み会の最初は上司にお酌をし、中盤あたりになったら後輩や同僚などに席を譲って避難しましょう(笑)
糖質制限ダイエットについて話すのもいいかもしれませんね。ダイエットは男女共通の話題ですから。

最後の砦は酔い過ぎない自制心

飲み会では基本ウイスキー、ハイボール、焼酎を飲みましょう。
どうしても変えたくなったらワインを1杯飲むのもありです。
しかし、酔いすぎてタガが外れてしまっては自分を抑えられませんね。
その場では酔っていなくても、2件目に行ったあたりでべろべろになる可能性もあります。
2件目でラーメンなど頼んでしまわないよう、節度のある飲み方をしましょう。