糖質制限ダイエットと言っても種類はいくつかあります。
今回はその中でも極端な特徴のあるMEC食ダイエットについて説明します。
私が半年で12kg減量したのはこのMEC食ダイエットのおかげであると言っても過言ではありません。

MEC(メック)とは

・Meet 肉
・Egg 卵
・Cheese チーズ

これらの頭文字を取ったものです。そう、肉・卵・チーズを主食とした食生活にするだけというダイエット法なのです!
『肉とかチーズって、高カロリーでしょ?たくさん摂って大丈夫なの?』と思いますよね。
適切な範囲でならば大丈夫だと言っておきます。
肉と卵とチーズは主にタンパク質と脂質でできています。これらを主食とすることで、必然的に糖質の摂取を控えるわけです。
すると、人間は体内に蓄えられている糖質を活動の為に使い果たしてしまいます。
しかし、MEC食により追加で糖質を摂取しないため、人間は新たな活動エネルギーを必要とします。
そこで、次は脂肪分をエネルギーとして使うようになります。
これが最近よく耳にするケトン体体質というやつです。
ケトン体体質が出来上がると脂肪をエネルギーとするため、MEC食で多くなってしまう脂質はエネルギーとして分解し、タンパク質で筋肉を維持するようになるのです。

30回咀嚼(そしゃく)しよう

MEC食ダイエットの特徴は咀嚼(そしゃく)回数があることです。
ひと口につき30回、よく噛んで食べることで満腹感をもたらすというもの。
正直私は全然守っていませんでした(笑)
これを守らなくても腹持ちの良さと満腹感から来る食事量の減少をすごく実感できました。でも、やった方が絶対にいいに変わりはないです。

MEC食の摂取目標

・肉は200g
・卵は3個
・チーズは120g

『なんだ、食べ放題って言ったって全然少ないじゃないか』と思われるかもしれませんが
実践してみると、糖質の摂取量が減るため、満腹感がすぐにやってきます。また、腹持ちもかなり良いです。
朝食からガッツリお肉はまず無理なので、私は低糖質なふすまパン(こちらの記事参照)を朝食に食べていました。
また、昼食も会社へ弁当を持っていくため、ふすまパンのサンドイッチとゆで卵で済ましていたため、夕飯ではガッツリとステーキや唐揚げを毎日のように食べました。

このように、高カロリーなMEC食でもダイエットになる、肉好きには最高のダイエット方法なのです!!

私はもともと焼肉大好き、焼肉屋でライスなんか絶対に頼まないという人間なので、これが本当なら最高のダイエットだ!と思い、このダイエットを始めることにしました。
ステーキを思う存分食べて、好きなチーズだって、マヨネーズだって使い放題!! ←厳密には使い放題ではありません。過度は禁物です。体調不良になる恐れがあります。詳しくはこちらの記事を参照のこと。
こちらの記事でダイエットの成果を写真付きで紹介しています!